超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由を読んでみた感想です。

おすすめ度:星4★★★★☆
著者:Testosterone
認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト:久保孝史

私は、数年前に友人から筋トレや運動がうつ病の予防に効くという話を聞いて以来、筋トレやジョギング、散歩などは定期的に行っています。

以前、何かのテレビ番組で「人生のありとあらゆる問題は筋肉が解決してくれる。」という言葉にも感銘を受け、できるだけ筋トレをしようと心がけていたのですが、もっと筋トレのモチベーションを上げたいと思い、本書を読むことにしました。

この本は題名の通り、筋肉が人生を変える超・科学的な理由が書かれています。科学的エビデンス(証拠)が提示され、その仕組みが解説されています。筋トレの詳しいやり方などは記載されていません。

筋トレをしていない人に特におすすめの本です。筋トレをすることで想像以上にいろいろなメリットがあることや、筋トレについての悪い思い込みがなくなります。

筋トレやダイエットについての最新の研究などから、新しい情報も記載されているので、既に筋トレを行っている方にも得るものはあると思います。

例えば、「ゴールデンタイム」といって、筋トレ後30分以内にタンパク質を摂取することがいいという情報。筋トレ後30分以内にタンパク質を取ろうと思ってはいるのですが、いつも忘れてしまって特製ドリンクを飲まなかったり、飲んでも筋トレしてからけっこう時間が経ってからだったり。前から面倒だって思っていたんです。

そしたら本書には、近年では必ずしも筋トレ後に栄養素を補給する必要はなく、1日トータルで必要量が取れていれば、大丈夫なのではないかというのが主流になりつつあるということが記載されていました。プロテイン飲むのいつでもいいんですね。

著者のTestosteroneさんが筋トレはこの世の問題の99%を解決できると思っている点も私は同感です。私は「人生のありとあらゆる問題は筋肉が解決してくれる。」と思っているので。

この本を読む前に、朝起きると右手の薬指が伸ばせなくなっていました。インターネットで色々と調べたら、おそらく「ばね指」という症状?病気?でした。指を伸ばすとかなり痛かったので病院に行こうと思いましたが、治療の方法を調べたら、始めは安静にして指を使わないようにすると書かれていたので病院へは行かずに様子をみることにしました。

で、本書を読んで筋トレのモチベーションが上がったので、筋トレの量も負荷も増やしてみたところ、なぜか痛くて伸ばせなかった薬指が伸ばせるようになりました。筋トレしてなくても伸ばせるようになったかもしれませんが、さすが筋トレ。

あんまり考えず、筋肉つければ案外簡単に今ある問題が解決するかもしれませんよ。

投資関係の話題も記載されています。筋トレをすることによって、血中のテストステロン濃度を高めることができるそうです。で、金融関係のトレーダーはテストステロン濃度が高いときほど好成績を挙げていることが報告されているようです。

途中途中に実録の漫画もあるので読書が苦手な人でも読みやすい構成になっています。筋トレをすることのメリットがたくさん書かれているのでおすすめです。