コロナ過で外に飲みに行くことが減ったので、本当にお酒を口にする機会が減った。

以前は、外に飲みに行かなくてもほぼ毎日家で晩酌をしていたが、最近は家で晩酌をするのはやめた。やりたいことが色々とあって、お酒を飲んで酔っ払っているのがもったいないと思ったこともやめた要因の一つだ。あと、お酒の税金を支払うのがばかばかしいと思ったから。ビールの価格の約42%が税金のようです。そもそも、手取り金額は所得税、住民税、社会保険料が引かれ、残った金額なのに、ビールを買うと42%税金で持っていかれる。どんだけ税金とるんだよって感じじゃないですか。なんも考えないとかなり税金で持っていかれることにようやく気付いた。

若い頃から、酒を浴びるように飲んでいたにも関わらず病気にもならず、健康診断の結果も良好なうちに晩酌をやめられたのはとてもラッキーなことだと思う。高校のころからつるんでいる友達は尿酸値や血糖値、血圧などを気にしなくてはならない状態だ。

お酒を飲み続けているとそのうち病気になり飲めなくなる。家族を含めそのような人を何人も見た。それなら病気になる前にやめた方が健康な状態で長い時間過ごせるのだから、いいのではないかと思う。でも、わかっちゃいるけどやめられないのがお酒。

飲酒を続けていると癖になり、飲む量は増えても減らすことは難しい。週に1本のビールが、週に2、3本になり、毎日1本ずつになり、毎日2本になり、週末は6本でも足りなくなる。ゆっくりではあるが、少しずつ増えていく。税金を納める奴隷の完成です。やめたくたって簡単にはやめられないのだから。

カクヤスが家の近くにある方は、特に注意が必要だ。ビール1本から無料で宅配してくれる。飲むお酒がなくなっても、営業時間内なら外に買い出しに行く必要もない。しかも、コンビニで買うより安い。アルコール中毒になれる環境がある。知らなかったのに、これで知ってしまった場合は本当にすみません。

最近、いい曲だなって思ったものにEd SheeranのBad Habitsという曲があります。英語の曲なので、意味も分からず聞いていたのですがお酒を題材にした曲のようです。今回の記事によくあった曲だと思います。

酒をやめて変わったことが、ざっとあげただけでこんなにもあります。
・お酒にかかる出費が減った
・時間が増えた
・晩酌後の猛烈な眠気がない
・二日酔いがない
・毎日スッキリ起きられる
・面倒だから明日でいいやという気持ちが減った
・お酒が飲みたいという誘惑がなくなった
・ネガティブな感情が減った
・ポジティブになった
・太りにくくなった
・下痢が減った
・切れ痔がなくなった
・健康になった

大量に酒を飲むことに費やしてきた時間の少しでも、本を読むことに使っていればよかったなと思う。それだけの時間があれば何を成し遂げてこれたか。自分が選んだ人生なのだから仕方ないが、時間を浪費してきたツケが今の自分に重くのしかかっている。ただ、実際にお酒を大量に飲むことを経験したからこそ、お酒は飲まない方がいいという考えを持てたことも事実だ。

お酒に使ったお金のほんの一部でもS&P500に投資できていれば、と後悔してやまない。S&P500は10年前の2011年1月で約1270。2021年5月時点では約4200円。約3.3倍になっている。日経平均でも約3倍になっている。お酒に使ってしまえば何も残らないが、投資に回すことができていればそのお金が約3倍になっていた。もっと、お金の使い方を考えていればよかった。

バビロンの大富豪では、お金持ちになっていないなら、お金持ちになる方法を学ばなかったか、それを実践することを怠ったかのどちらかと言っている。お酒を飲んでいる時間があるなら、その時間を勉強する時間に振り分ければ、今よりはお金持ちになっていただろう。

もし、今までお酒を飲むことに費やしてきた時間を取り戻せたとして何をしたいか。勉強がしたいなと思う。まあ、これからだって勉強することはできるわけだし、この考え方を身につけられたことが今の財産だ。昔の人に比べると、寿命も延びた、時代の流れもとてつもなく速い。一生勉強だ。

この記事を読んでいる方には同じようなバカな人生は歩まないでくれたらと思う。お酒を飲むことで起こりうる悲惨な状態を想像できれば、お酒を大量に飲まなくても、こんな人生はきっと避けて通れます。

お酒を飲むことは、あなたの健康を蝕み、人生の時間を蝕み、あなたの財産を蝕む。最悪、お酒により最愛の人までもいなくなってしまう。自分の人生を決めるのは自分です。健康な体を使って何をするか。時間を何に使うか。お金を何に使うか。お酒を飲むことでストレス解消はできない。

ほぼアル中だった自分が、リモートワークなんかしたら1週間に1日くらいは昼から飲みながら仕事していましたね。けっこういるんじゃないかな昼から飲みながらリモートワークしてる人。アルコール依存症の人だったら特に。信じられないかもしれませんが、稀に仕事のお昼ご飯の時にお酒飲む人っているんですよ。アルコールって本当に恐ろしいものです。昼から飲みたくなってしまうのですから。

何か目標や、やり遂げたいことがある方なら、お酒をやめることが一番の近道なのかもしれません。

一番いいのは、アルコールを飲む習慣をつけないこと。一度飲酒の習慣がついてしまうと、それをなくすのはかなり大変です。友人と飲みに行くのは仕方ないとしても家で飲む習慣は絶対にしないほうがいいと思います。まだ晩酌の習慣がないという方は絶対に家では飲まないというルールを作っておくべきです。

ほぼアル中の状態からお酒を飲まなくてもいい状態になるまで、かなり時間はかかりました。でも、私でも出来たのだから誰にでもできることなのだと思います。

お酒をやめたいけど、やめられないという方は一度「禁酒セラピー」という本を読んでみてください。私はこの本でお酒をやめることができました。